• TOP
  • ブログ

ブログ

*見学報告* 桂笹丸さんの落語を聞いてきました

 こんにちは!まだまだ寒い日もありますが、梅の花がほころんで、少しずつ春が近づいてきていることを感じるようになりましたね。
 市民図書館は3月28日のアキシマエンシス(教育福祉総合センター)での開館にむけ、ただ今準備中です。
 すでにアキシマエンシスの前を通られた方はお気づきかもしれませんが、アキシマエンシスのエントランスホールには、クジラの骨のレプリカが吊り下げられました。沿道や青梅線の電車内からも見えますので、お近くをお通りの際は、車窓からでもぜひご覧になってみてくださいね。
 さて、今回のブログ担当は玉川です。昨年、東中神のカフェ・ポンテさんで開催された、桂笹丸(かつらささまる)さんの落語会に行ってきました。大変遅くなりましたが、その様子をお届けしたいと思います。
 笹丸さんは昭島出身の落語家さんです。桂竹丸師匠に弟子入りし、現在は二ツ目に昇進され活躍されています。昭島出身の落語家さんがいるというのはとても嬉しいですね。
 ポンテさんは自家焙煎コーヒーがいただける、ほっこりとした温かい雰囲気のカフェです。その店内にお邪魔すると、カウンターのそば、お客さんの席からも近い場所に高座が用意されていました。ポンテさんは、落語会を定期的に開催されていて、すぐ目の前で落語が聞ける、貴重な機会を提供してくださっています。
 常連のお客さんたちと一緒に席に着き、笹丸さんの登壇を今か今かと待ちます。すると小気味良い出囃子が流れだし、笹丸さんが登場!第一声を聞いて驚いたのは、その声が良く通ること。ハッキリと耳に届き、とても聞き易い!
 最近の時事ネタをからめて、話の枕で観衆の関心を捉える笹丸さん。その流れのまま、スルスルと落語の話につなげていかれます。聴衆はまるで江戸時代の長屋の中にいるかのように引き込まれていきます。(実際、ポンテさんのお店が長屋にあるので、雰囲気はバッチリです。)
 今回は、茶の湯にハマるご隠居さんの話と、家財を買うお金がないので絵に描いて“家財があるつもり”になって暮らす男の話、二つを聞きました。どちらも分かりやすく、アレンジもされていて、とても楽しかったです。思わず声を出して笑ってしまいました。
 二つのお話の間の休憩時間には、おいしいコーヒーとシフォンケーキをいただきました。これが本当に美味しくて、心もお腹も満たされる楽しい落語会でした。ごちそうさまでした!
 笹丸さんは昭島の各地で開かれている寄席や落語会にも出演されているので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

投稿日:2020年02月24日

*見学報告* 榊の足跡と令和の復活劇

 こんにちは、市民図書館の矢嶋です。もう年の瀬ですね。
 今回は、諏訪神社と日吉神社で見学した祭礼についてリポートいたします!

8月25・26日  諏訪神社 


 諏訪神社は、境内に湧く清水が「宮沢」という地名の由来とされ、東京の名湧水57選に選ばれています。
 1日目の夜、神輿が練り歩く道中、私も一緒に歩かせていただきました。神輿は、神事に使う榊(さかき)を組んだものでした。神酒所など随所で榊神輿を揉む(揺すること)姿は圧巻で、さらに「宮澤太鼓」の演奏に鼓舞されて、力強く映りました。宮澤太鼓は、諏訪神社を拠点に活動している和太鼓集団で、第1回東京マラソンのゴール地点でランナーを迎える「迎え太鼓」に抜擢された栄誉と実績のある方々です。
 境内に戻ると、宮澤太鼓に迎えられ、最後に榊の枝が配られました。宮沢町の祈りが詰まった一夜でした。



・榊神輿巡行と宮澤太鼓

 

9月14・15日  日吉神社


 日吉神社の祭礼は、主に榊神輿、宮神輿、祭礼行列、祭礼囃子、三町屋台からなる、250年以上続く伝統ある祭りです。普明寺が所蔵する「山王祭礼図絵」には、その原型である明和4(1767)年の神輿渡御が描かれていて、その面影が今も残る祭礼です。
 1日目深夜、榊の神輿が日吉神社から奥多摩街道へ繰り出しました。満月に見守られ、威勢のよい掛け声で、夜を徹して力の限りを尽くして巡行しました。境内に戻ってきたのは明け方でした。最後には、無病息災のご利益のあるといわれる榊の枝を取りあう榊取りが行われました。
 2日目午後の祭礼行列では、今年、三町(加美町・奈賀町・志茂町)の人形を立てた屋台巡行が約100年ぶりに復活しました。復活の瞬間を待ちわびていたかのような青空の下、「須佐之男命」(すさのおのみこと)、「弁慶」(べんけい)、「和唐内」(わとうない)の人形が屋台に乗り、拝島公園を出発しました。祭礼行列とともに奥多摩街道に繰り出し、沿道は大勢の市民と来訪者で賑わいました。拝島公園と拝島会館では、三町の人形屋台が立ち並び、人形の勇壮さと囃子の美しさが合わさって、見事に華麗な復活劇を令和の世に知らしめていました。


・榊神輿巡行の様子



・三町屋台巡行の様子

投稿日:2019年12月26日

*見学報告*観光まちづくり協会「昭島のパワースポットを巡る①」

 こんにちは!市民図書館の玉川です。師走の寒い季節、みなさまいかがお過ごしですか?
 ブログ掲載が遅くなってしまいましたが、今回は、9月27日に行われた、昭島観光まちづくり協会さんの企画「昭島のパワースポットを巡る①」の様子をお届けしたいと思います。

 今回の企画では、昭島市内にある様々なパワースポット(惣十稲荷やおこり地蔵など)を、ナビゲーターさんの解説を聞きながら巡りました。
 近年巷で人気のパワーポットですが、実は昭島にも沢山あります。私が個人的に気になったパワースポットは、痢病尊(りびょうそん)と腹立稲荷(はらだちいなり)です。
 痢病尊はお腹の調子など、体調が優れないときに助けてくださる神様です。一方、腹立稲荷は腹を立てて悪さをする神様のようで、ナビゲーターの方が以前、別のグループを案内した際、翌日に体調を崩す人が続出したとか。
 実はこの日の午後、私も急な腹痛に襲われたのです。「もしや腹立稲荷の祟りでは!?」と心配になりましたが、痢病尊にもお参りしたおかげか、腹痛はどうにか治まりました。
 二つのパワースポットの効果を、身をもって知る一日でした。
 誰かに教えてもらわなければ、気づかないようなスポットもあり、とても勉強になりました。ナビゲーターさんの興味深い解説を聞きながらの、楽しいまちあるきでした。ありがとうございました。


左上:龍田寺 左下:観音寺庚申塔 右上:日限地蔵 右下:田中の馬頭尊

投稿日:2019年12月10日

*見学報告* 秋めく、ときめく、あきしま

 秋の昭島には、あたたかい彩りに包まれた紅葉名所がたくさんあります。
 ある日、秋日和にじっとしていられない仲良し女子たちは、秋を感じに図書館を飛び出しました。風にふかれて、願いをこめて、水に元気をもらって…。青空の下、おだやかに秋めく昭島にときめいて、心までオレンジ色に染まった女子旅でした。

 


左:阿弥陀寺(あみだじ)裏側にて撮影。わさび栽培にも利用される湧き水の里・宮沢で秋を満喫。
右:大日堂と日吉神社の立地する拝島公園にて撮影。拝島宿の面影を感じながらスイーツタイム。

 


・昭和の森のいちょう並木にて撮影。北側では、定刻になると音楽に合わせて噴水が始まります。スケジュールはこちら(外部サイト)。

 

 皆さんも、秋のお出かけはいかがですか?
 また、ご紹介した寺社の歴史についてご興味を持った方には、以下の図書とWebサイトがオススメです。ぜひチェックしてくださいね。

《 図書 》
* 『あきしまの歴史散歩』(昭島市教育委員会 生涯学習部社会教育課/編・2017年刊行)
  図書の所蔵場所:市民図書館2階 地域資料コーナー、昭和分館緑分館つつじが丘分室やまのかみ分室
* 『宮澤部落の研究』(山崎 藤助/著・1961年刊行)
  図書の所蔵場所:市民図書館2階 地域資料コーナー
* 『拝島部落の研究』(昭島市郷土研究会/〔編〕・1960年刊行)
  図書の所蔵場所:市民図書館2階 地域資料コーナー
* 『千人同心往還拝島宿の興亡』(宮岡和紀/著・1999年刊行)
  図書の所蔵場所:市民図書館2階 地域資料コーナー

《 Webサイト 》
あきしま 水と記憶の物語 - くわしく知る - 市刊行の書籍を読む - 『あきしまの歴史散歩』
あきしま 水と記憶の物語 - 時代でたどる - 古代・中世の記憶 - 阿弥陀寺
あきしま 水と記憶の物語 - 時代でたどる - 古代・中世の記憶 - 大日堂
あきしま 水と記憶の物語 - 時代でたどる - 古代・中世の記憶 - 日吉神社

投稿日:2019年11月26日

*開催報告* 大人のための朗読会

 やまのかみ分室は、9月21日、「大人のための朗読会」を開催しました。
 沢田哲也先生による大人向けの朗読会。ドラマティック・リーディングによる臨場感あふれる朗読に、皆、魅了され、楽しい秋のひとときを過ごしました。
 多数のご参加ありがとうございました。

投稿日:2019年11月19日

*開催報告* ハロウィン紙工作:かぼちゃのおばけをつくろう

 緑分館は、10月19日、「ハロウィン紙工作:かぼちゃのおばけをつくろう」を開催しました。
 マイ「ジャック・オー・ランタン」を持って仮装した子どもたち。一足早いハロウィン気分を味わえた一日となりました。
 多数のご参加ありがとうございました。

投稿日:2019年11月19日

*開催報告* 海の生物調べ学習教室 〜学ぼう!作ろう!ほねほねアキシマクジラ〜 | ▶

 市民図書館は、7月27日、図書を使った調べ学習を身近に感じてもらうこと、アキシマクジラをはじめとする海の生物に対する理解を深めてもらうことを目的として、「海の生物調べ学習教室 〜学ぼう!作ろう!ほねほねアキシマクジラ〜」を開催しました。
 小学1〜6年生20名が参加し、結果予想や目的意識をもって調べるコツ、まとめ方についてアドバイスを受けながら、調べ学習に取り組みました。ワークシートの課題を解くごとにアキシマクジラの骨格標本シートが1つずつ配られ、最後には、全パーツをつなぎ合わせて「ほねほねアキシマクジラ」が泳ぐ、海の世界を描き上げました。
 小学生の疑問に耳を傾けて適切な資料を選び、教えることは、指導したスタッフにとっても貴重な経験となりました。


* 記録映像 *

 当日の記録映像については、以下より昭島市動画チャンネル「あきしまDays」(YouTubeサイト)をご覧になれます。

 

 


* 開催報告 *


 まず、クジラと魚の違いについて、生まれ方や尾びれの向き、呼吸の仕方を中心に、スタッフによる講義を受けました。そして、アキシマクジラの発見や新種認定についても学習し、アドバイスを受けながらワークシートの穴埋め問題を解きました。
 次に、好きな海の生物に関する疑問や興味のあることを書き出して、それがどんな結果になるか予想を立ててから、図書を使って調べました。参加者が取り上げた海の生物は、イルカ、ニシキアナゴ、カニ、カクレクマノミなどなど様々でした。
 最後に、調べてわかったことを、テーマ・まとめ・参考図書に分け、それぞれ整理してミニレポートを作成しました。

 


 ワークシートの問題を解くたびに、アキシマクジラの化石の骨格標本シート(マグネット付き)がスタッフより配られました。頭・胴・胸ビレの全パーツを集めると、「ほねほねアキシマクジラ」の出来上がりです。

 


 ほねほねアキシマクジラが泳ぐ、海の世界を画用紙に描きました。参加者それぞれの絵の中で「ほねほねアキシマクジラ」が躍動している様子が印象的でした。

 


 最後に、描いた絵を持って記念写真を撮りました。90分の学習を終えた子どもたちの表情には、皆達成感があふれていました。これから、分からないこと、不思議に思ったことがあれば、教室で学んだことを参考にして、調べ学習にチャレンジしてください。


* 参加者の声 *

〇 少し時間が短く感じましたが、楽しめました。ありがとうございました。
〇 いろいろなことができてたのしかった。
〇 ドキドキした。
〇 子どもが興味をもって調べていたのでよかったと思います。
〇 自分で楽しく興味あることを調べるきっかけ作りになったと思います。ありがとうございます。
〇 こういう機会がないとできないことを色々させて頂きました。子供が飽きない工夫がいろいろあってとても楽しめました。ありがとうございます。
〇 子ども自ら調べて理解できる取組みがとても良かったです。本人も楽しんで作業をしていました。このような機会があれば、また参加したいと思います。

投稿日:2019年11月14日

*見学報告* 第51回 昭島市産業まつりに行ってきました!

みなさん、こんにちは。昭島市民図書館の鈴木です。

11月9日(土)と10日(日)に行われた、「第51回 昭島市産業まつり」に行ってきました。

開会をブラスバンドの演奏が華々しく飾り、会場の温度が一気にあがりました。

特産品を扱った出店が沢山出店していましたね。どのお店も、家族連れで賑わっていました。

等身大のアキシマクジラの横断幕が、公民館の壁に掛けられていました。皆さんはお気づきになりましたか?

投稿日:2019年11月10日

*見学報告* アキシマクジラの里帰り

 こんにちは、市民図書館の矢嶋です。

 昨年に新種認定されて以来、注目の集まるアキシマクジラ化石は、どこに保管されているかご存知でしょうか。
 ――― 答えは、群馬県立自然史博物館です!

 今月、化石の一部が昭島市に里帰りを果たし、第47回昭島市民くじら祭が開催されました。この真夏の祭典の盛況ぶりは、昭和36年8月の化石発見以来、アキシマクジラが昭島市のシンボルとして今日まで市民に愛されてきたことを物語っています。
 今回里帰りした化石は、胸びれの骨でした。会場のアキシマクジラPRブースには、多くの方々がお越しくださり、化石を見て触ってご堪能いただきました。

 私たち市民図書館スタッフは、事前に特別研修で胸びれの骨を実見させていただきました。約200万年前、市民図書館の場所はまさに海であったといわれています。この地で、この胸びれで、アキシマクジラが悠々と泳いでいた姿を想像しながら、この貴重な機会に興味津々に学ぶことができました。

 その後は、8月19日に群馬県立自然史博物館の保管場所まで戻っていき、他の部位の化石と一緒に保管されています。



(写真左上)第47回昭島市民くじら祭 アキシマクジラPRブース
(写真左下)市民図書館スタッフ 特別研修
(写真右上・右下)群馬県立自然史博物館 アキシマクジラ化石保管場所


 来年3月開館予定の教育福祉総合センター「アキシマエンシス」では、アキシマクジラ全身骨格の原寸大レプリカ(約13.5m)と化石の一部を展示します。
 また、昭島市デジタルアーカイブズ「あきしま 水と記憶の物語」では、アキシマクジラ化石を3Dビューワで自由に拡大・回転させながらご覧いただけます。ご興味を持った方は、ぜひチェックしてみてください。


アキシマクジラ化石3Dモデル

投稿日:2019年08月23日

*見学報告* 十二神社から神輿は旧築地村の南北へ

 こんにちは、市民図書館の矢嶋です。

 8月17・18日は、市内各地で夏祭りがありましたが、今回は十二神社を見学してきました。
 旧築地村エリアは南北に長いため、十二神社を出発した神輿は、1日目は北側(東中神方面)を、2日目は南側(福島神社方面)を毎年巡行し、両方面の神輿と合流して、村の隅々まで神輿が行き渡るように練り歩くそうです。
 1日目の夜に訪れると、所狭しと並べられた提灯が境内を鮮やかに彩り、子どもも大人も地域を大切にして楽しんでいる様子が印象的でした。

 
・十二神社境内の様子

投稿日:2019年08月23日